前へ
次へ

法律家の事業内容も様々に展開されている

法律家となる弁護士、事務所を開いていたり、籍をおいています。
若手弁護士と共同で高等裁判所の裁判の証人候補と打ち合わせを行うこともあるようです。
他の法律事務所が一審を担当していたものの敗訴という結果、回ってくるこうした事件は、比較的大きな事件で、訴額が約10億円近いなどが一例です。
控訴も一審判決を維持することである、こうした官僚タイプの裁判長はまだいるのでしょうか。
個人的印象ですが、以前の高等裁判所は法律の改正で最高裁への上告がほとんど認められなくなってから、独善的になった印象が強くありました。
今は、見通しも決して暗くはなく、弁護士を頼ってつてを辿ってきた依頼者を思えば、何とか少なくとも和解という成果を出して欲しい気持ちが強くなります。
また弁護士は回ってくる事件だけでなく、M&Aで取得した企業について様々な問題点の相談も多いようです。
顧問契約も交わしますし、顧問先から顧問業務以外にも様々な案件が舞い込むことがあります。
法律事務所の主力も、単発から特定の顧問先から継続した業務に移行しているようでした。

Page Top