前へ
次へ

六法全書にある法律は大きく公法と私法に分類できます

法律と聞くと六法全書をイメージする人も多いのではないでしょうか。
六法というのは、法律の基礎になる6種類の法律のことを言います。
日本における六法は、「憲法」、「民法」、「刑法」、「商法」、「民事訴訟法」、「刑事訴訟法」の6つの法律を指します。
この六法を理解することなく、法律を語ることはできないといっていいでしょう。
六法全書には上記の六法が全て記されており、それぞれに特徴を持っています。
また、六法を含む日本の法律は、大きく「公法」と「私法」に分類されます。
このうち公法は、国や地方公共団体などを規律するための法律のことです。
公の機関に関係した法律のことを言い、具体的には憲法や刑法などが該当します。
また私法は、私たち日本国民のことを規定した法律のことで、個人の権利や義務などについて定められています。
私法は、その中でもより身近なことを規定した民法と、仕事をするうえでの商事の基本的な事項を定めたもの商法とに分類できます。

Page Top