前へ
次へ

法律によって守られている感覚を持つ

若い人ほど社会の仕組みについてあまり知識がなく、法律になじみもありませんから社会に窮屈さを感じます。
これはどんな時代でも国でもあったことで、歴史の変わる節目には、それまでの決まりや常識がある程度変化することもあり、社会を作っているのはルールたる法律であることがわかるでしょう。
社会の中で認められ、生きていくためにはルールを守らなければなりません。
車を運転したり危険物を扱ったり、大金を動かすなど、社会的な活動をする場合は常にルールが存在します。
ルールがなければだれもかれもが勝手なことをして、最後には暴力ですべてを解決する人間がはばをきかせたりしますから、法律の存在はとても大きいです。
どれくらい大きな問題になると法律が出てくるか、ではなくどんなささいなことでも法律は関係しており、それが秩序ある社会生活を作っていると考えるべきでしょう。
法律は人間を縛り付ける一面もありますが、同時に無法状態から人間を守り、日常生活を維持する元になっています。

Page Top